癌パパ イクメン日和 ゲルソン療法ジュース 110428 じゃがいもジュース 300ml
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ゲルソン療法ジュース 110428 じゃがいもジュース 300ml
今日は、私がいつも利用している楽天ショップで無農薬野菜を取り扱っている
”ピカイチ野菜君”からの無農薬にんじんがちょうど切れて、
いい機会なのでじゃがいもジュース作ってみました。

じゃがいもジュースは、末期?大腸癌から復活した、浜松の整体師の人から教わったレシピです。
これまで浜松でちょっと聞いただけで2人、食事療法でステージⅢ以上の大腸癌から復活した人もおり、
大腸癌、治らない病気じゃなさそうです。

<材料>
110429_potato_zairyo_2.jpg

・無農薬じゃがいも  中2個
・バナナ       1本
・減農薬りんご   1個

整体師の方のレシピでは、りんごのかわりに牛乳200~300ml、
あとキャベツの大きい葉を1枚入れますが、

キャベツはきらしていたのでやめて、
また、ゲルソンなので牛乳はやめてりんごにしてみました。

<出来上がり>
110429_potato.jpg
色は不気味ですが美味!
なお、バナナはヒューロム低速ジューサー HU-300にかけると
ペースト状になってとろとろと出てきました。カスは出ませんでした。

バナナもリンゴも、ビタミンC破壊酵素 アスコルビナーゼ が多く入っているはずですが、
すぐに飲めば、胃酸で無効になるようです。

その後、2回目作成時に、バナナはジュース状にならないことが判明、
すべてカスとして排出されてしまうらしい、、、。

なお、
バナナ無しで、
じゃがいも、リンゴ、キャベツのみでも、
味は美味でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。