癌パパ イクメン日和 さよならは何度でも ~ガンと向き合った医師の遺言~
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
さよならは何度でも ~ガンと向き合った医師の遺言~
ご訪問ありがとうございます。
日本ブログ村ランキングに参加しています、よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ


シュレベールの
『さよならは何度でも ~ガンと向き合った医師の遺言~』
読みました。


さよならは何度でも ガンと向き合った医師の遺言さよならは何度でも ガンと向き合った医師の遺言
(2013/10/25)
ダヴィッド・セルヴァン=シュレベール

商品詳細を見る


著名な精神科医のシュレベールが自身の脳腫瘍を克服した療法を記した『癌に効く生活』から2年、

がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」
(2009/02)
ダヴィド・S. シュレベール

商品詳細を見る


これまで19年も再発を抑えていたのに、
最強の脳腫瘍 ステージⅣの神経膠芽腫の形で逆襲されてしまったようです。

今回の出版はその治療記と、今生の人生を振り返っての遺言といった感じでした。

治療としては、
・がんワクチン
先端療法で、白血球の20%を体内から取り出し、患部から採取したがん細胞と交わらせ、
ワクチンにして継続的に体内に戻し治療を図る。
この療法で20%の人は完治するとか?

・微小球体法(だったか?)
同じく先端療法で、放射線のでる微小な金属球を術部に埋め込み再発予防を図る。

・アバスチン


だそうですが、先端技術の粋を凝らした療法も虚しく、
再々発してしまったようです。


本人が挙げた原因としては、
食事・運動・瞑想等は継続して行ったいたが、
とくに『癌に効く生活』前後の数年、
忙しすぎて睡眠をしっかり取れなかったからとか?

何か、しっかり社会復帰して、日々すりこぎ状態の(笑)最近の私に近いものが(汗)、、、



こんなに万全を期した人でもうまくいかないなんて、
人生思い通りにならないものです。

いつ何が起こっても心の平安を乱さないよう、
万事平常心で臨みたいと思います。


↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめてコメントします。病気が分かった当初から、gombuさんのブログの豊富な情報には本当に助けられました。いつもありがとうございます。これからも期待しています!
シュレベール残念ですね・・・読みたいような読みたくないような気持ちです。
thanks | URL | 2013/11/19/Tue 21:15 [編集]
Re: タイトルなし
> はじめてコメントします。病気が分かった当初から、gombuさんのブログの豊富な情報には本当に助けられました。いつもありがとうございます。これからも期待しています!
> シュレベール残念ですね・・・読みたいような読みたくないような気持ちです。

最近、病気も含めて一個の人生だなぁ、という気がします。
治療情報はあまり出ないかもしれませんが、今後共ご贔屓に。
gombu | URL | 2013/11/21/Thu 12:27 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。