癌パパ イクメン日和 『がんと闘った科学者の記録』
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
『がんと闘った科学者の記録』
ご訪問ありがとうございます。
日本ブログ村ランキングに参加しています、よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

先日
仕事やら内職やらで図書館に行ったのですが、つい他所事をしてしまい(笑)、
最近には珍しく、闘病記を読んでみました。
せっせと図書館の個人研究室でブログ記事にしちゃったりして(笑)。

戸塚洋二という人の『がんと闘った科学者の記録』という本です。
元は大腸がんステージⅢaで、4年後くらいに再発してからの闘病録みたいです。


この方、私は知らなかったんですけど実はすごい方で、
2002年ノーベル物理学賞を受賞された小柴昌俊さんの教え子で、
世界で初めてニュートリノに質量があることを発見した人とか。

いずれはノーベル賞確実と言われてたそうです。

↓闘病ブログを書かれていて、それを立花隆が集約した本ですが、
(ちなみに立花隆は、何でもかんでも商売にするところが、
節操が無いというか嫌いですけど)

http://fewmonths.exblog.jp/

そんなすごい科学者なのに、全然謙虚そうで、
(そういえば、島津製作所の田中耕一さんなんかもそうですね)
真にすごい仕事をする人は、
傲慢になったり、自身を大きく見せたりしないものだな~、
と感心しました。

非常に庶民的な記述があって、

・大腸癌の原因
  多量なアルコール(酒)の継続的な摂取が最も可能性のある原因である。

・当初の病状
  がんが見つかる前の年から少し下血があったんですが、痔だと思って、
軽く見てたんです。何となくまずいなとは思いましたが、
忙しさにかまけて放って置きました。

って、まさしく私と同じじゃないですか(苦笑)。

一流の科学者でも気が付かないものなんですね~、
そんな人をノーベル賞目前で亡くすなんて、国として非常なロスだし、
やっぱり充実した国民への教育や衆知が不可欠だなと思いました。


↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。