癌パパ イクメン日和 今日は読書の日
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今日は読書の日
主治医: 「あれ、見るといつもベッドの上で、パソコンやってるか、ご飯食べてるか、だね~。」
自分:   「一日5Fの廊下を5、6周しているんですけどね。」
主治医: 「それは老人の運動量。」
自分:   「そ、そうですか。」

というわけで、今日は売店で本を買って、
病院中をうろうろして、適当にベンチに腰掛けて本を読んでいた。

血漿のついた変な管ぶら下げているし、さも奇異な患者に移ったに違いない。

で、読んだのがこれ、

 
大腸がんの最新治療 (よくわかる最新医学)大腸がんの最新治療 (よくわかる最新医学)
(2010/12/15)
福長 洋介

商品詳細を見る

最近、息子から
「パパはロボットでお腹ちょん切るだに~。」 とか、
「パパ、ロボットでお腹ちょん切った~?、まだ~?」とか、
電話越しにしきりと言われるのだが、
(ロボットとは腹腔鏡のこと、分かりやすいように教えたのがまずかった、
マッドサイエンティストにならなければよいが、、、)

腹腔鏡手術のいろはについて豊富に書かれていた。
私の手術は、腹腔鏡手術でも低位前方切除術というやつらしく、
肛門を温存するため、切除代が少ないそうだ。
その分再発リスクが高めみたい。

他にも、抗がん剤の分類やら、ステージ、TNM、進達度、等の
分類と評価記号(SM、SS、N、P、H、M、T 等いろいろあるらしい)
の詳しい説明が書いてあった。

直腸癌の再発率は23.5%で、
私の場合5年生存率58~81%(再発・転移して治療中の患者含む)ですか、
ネットに書いてあるより厳しめの数字ですな、、、。
結局、今後生活相当気をつけて、ゲルソン食事療法やるしか残されていないのですね~。

さすがに大学病院、怪しげな代替療法の本は置いてありませんでした。

もう一つがこれ、

PHPのびのび子育て増刊 「荒れる子」は親がつくる! 2011年 05月号 [雑誌]PHPのびのび子育て増刊 「荒れる子」は親がつくる! 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/03/19)
不明

商品詳細を見る

これは、別にありきたりですかな?
子供に過度な期待をするなとか、人格否定するなとか、平等に育てよとか、

なお、最近の教育では、体罰(たぶんお仕置きでお外に出すことも含まれる)は厳禁だそうで、
それはナンセンスに思いましたね、
うちの会社によくいる育ちのよいわがまま社会人になったり、
社会を形作る上での規範を習得できないような人間になると思うのだが。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。