癌パパ イクメン日和 FOLFOX7回目 PET検査、マーカーとも良好、希望が見えてきた!
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
FOLFOX7回目 PET検査、マーカーとも良好、希望が見えてきた!
今日からいよいよ折り返し後半戦 FOLFOX 7回目スタートです。

浜医に向かい第二外科の待合でお年寄りが寄り添う中を
一人颯爽と?診察室に向かいますと、
(毎度、壮年世代が珍しいのかジロジロ見られるのが玉に瑕です(笑))
珍しく、良い事づくめの報告をもらえました!

ただいま高揚感に包まれながら、毎度の点滴中ブログ更新をしています。

今日の経過を順番に並べますと、

①PET結果
CTでちょっと要経過観察を指摘されPETを受けたのですが、その結果が出ました。

FDG-PET/CT所見>
明らかな異常集積を認めません。
前回CTで指摘された傍大動脈領域の扁平なリンパ節にも明らかな異常集積はみられません。

<診断>
明らかな異常集積を認めません。

パーフェクトな診断結果でした!!えがったえがった。

②腫瘍マーカー
<経過推移グラフ>
110905_graph3.jpg
一時期の、いやぁ~な上昇カーブはどこへやら、無事1.8まで低下!
主治医的にも、スルスルさがった原因を掴みかねているのか、
「何故か下がっているね~、生理現象だとは思うんだけど、、、
母乳って本当に効くのかな~(半分笑いをこらえつつ)、どこで探した?」
とか本気とも冗談ともつかぬ質問が(笑)。

母乳飲みだした頃からグイグイ下がってきたのですが、本当に効いたのか(笑)。
ひょっとしたら免疫ミルクも効果あるのかな~。。。

なお、4度のFOLFOXで癌細胞が徐々に死んでいって漸増していた、
という考察も成り立つそうです。

これまでの慎重で重苦しい雰囲気とは打って変わって、明るい診察室でした。

あまり期待していると、しっぺ返しを食う恐れもあるので、
生死の事は割り切っているつもりでしたが、
やはり経過順調だとうれしいものですね~。

<血液検査結果>
110905_maker5.jpg
しかし、上記のように、骨髄系と、肝臓系は、徐々にやられてってますね、、、。
主治医の意見としては経過も落ち着きつつあるので、
8回程度(平均実施回数)で錠剤にするか、、、
との事。

とりあえず6回目と同様な減薬(5-FU急速のみ70%程度で、他は90%程度)をして
3週間スパンで様子を見ようか、との事でした。

③恒例の医療相談
110905_question2.jpg
参考資料はこちら

日経メディカルオンライン GOLFIGはFOLFOXよりも効果が高い
新聞で読みましたが、ようやく厚生労働省が遅れている保険適応認証状況を打開しようと、
組織的な臨床試験の推進に乗り出したとか。
『GOLFIG』イタリア発の何となくかっこよさそうな?施療法(フィアットをイメージ、笑)、
ぜひ取り上げてほしいな~、、、。

日経メディカルオンライン 低用量アスピリンにより大腸癌罹患率、死亡率低下

ペプチドワクチン 東大情報

ペプチドワクチン 久留米大情報

治療と検査の最新医療方法 ラジオ波焼灼
大腸癌における腹腔鏡や内視鏡の手術みたいに、すこぶる画期的な治療法みたいですね~、
浜医では少なくとも大腸癌再発に対してはやっていないみたいなので、
もし変な再発をしたら東大に紹介状出してもらおうかな、、、。

<追記>
そういえば、主治医が
「母乳飲んでるとIgA抗体(免疫グロブリンA)
をたくさん摂取する事になるので、下痢になるかも。
(主治医の立場ではプロバイオティクスも、
ただの異物で下痢っぽくなり便通を改善する事により好影響があるのか、
免疫増強作用により好影響があるのか、
まだ本当に癌に効果的かは結論が出ていないとの事)」
と、言ってました。
あまりに奇抜な治療法のため、結構興味持っているみたいですね(笑)。

東京医科歯科大学 IgA抗体参考記事

免疫グロブリンAについて
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ラジオ波治療
肝臓にがんが転移した際、切除と共に小さい腫瘍はラジオ波治療で焼きました。つまり、体験者です。
ラジオ波治療は、腫瘍の大きさによっては使えないのと、熟練した医師でないと、中で腫瘍が破裂してかえって患部を拡げてしまったり、いろいろ問題もあるようです。「切除より簡単」とは考えない方がいいと思います。
yopisound | URL | 2011/09/05/Mon 16:41 [編集]
Re: ラジオ波治療
> 肝臓にがんが転移した際、切除と共に小さい腫瘍はラジオ波治療で焼きました。つまり、体験者です。
> ラジオ波治療は、腫瘍の大きさによっては使えないのと、熟練した医師でないと、中で腫瘍が破裂してかえって患部を拡げてしまったり、いろいろ問題もあるようです。「切除より簡単」とは考えない方がいいと思います。

なるほど、やはり東大医院等を選択肢にしたほうがよいみたいですね、
もしなったら紹介状書いてもらおう~。
情報ご提供ありがとうございます。
gombu | URL | 2011/09/05/Mon 18:45 [編集]
完璧(^^)v
Gombuさん

おはようございます。

完璧な検査結果ですね。
時間の経過と共に再発・転移の可能性が低くなってくるのを感じます。

また、Gombuさんのマニアックな検査結果詳細報告、これは多くの不安を抱えたがん患者の生きる指針になることと思います。

今後も頑張ってブログを続けて下さい。

良い検査結果を効くことができて、他人ごとながら嬉しく思います。
奥様、子供たちのために無理をせずにご自愛下さい。
ポポカ | URL | 2011/09/06/Tue 11:34 [編集]
Re: 完璧(^^)v
> 完璧な検査結果ですね。
> 時間の経過と共に再発・転移の可能性が低くなってくるのを感じます。

安心したのか気抜けしています(笑)。

> また、Gombuさんのマニアックな検査結果詳細報告、これは多くの不安を抱えたがん患者の生きる指針になることと思います。

三大療法は基本医師におまかせなので(医師が信頼できる)、
自然、マニアックな調査になるんですよね~(笑)

> 良い検査結果を効くことができて、他人ごとながら嬉しく思います。
> 奥様、子供たちのために無理をせずにご自愛下さい。

ありがとうございます。
頑張ります!
gombu | URL | 2011/09/06/Tue 11:54 [編集]
おめでとうございます!
gombuさん、素晴らしい検査結果、何より良かったですね!転移するかどうかは結局は運不運が大きいかもしれませんが、日々の努力や気持ちの持ち方なども作用したのだと思います。gombuさんは、そのうえ、母乳(エビデンスは出そうにもないけど絶対効果あるはず)や凝ったゲルソン食を提供して下さる奥様の存在が大きいですよね。大いに感謝すべし(笑)ですぞ! かくいう私も、前回の検査で、肝臓の影がなんと消失しており、おかげでFOLFIRI+アービタックスはやめて、かなり減量のIRIS(イリノテカン+TS-1)に変更してもらえました。もちろん副作用はありますが、前者に比べると雲泥の差です。それとアスピリンのことは私も主治医に聞こうと思っていたので、ありがとうございました。
しずか | URL | 2011/09/07/Wed 16:36 [編集]
Re: おめでとうございます!
>gombuさんは、そのうえ、母乳(エビデンスは出そうにもないけど絶対効果あるはず)

確かにそう思うんですけどね~、、、
まぁ、まともに会話するとバカにされそうですが(笑)

>前回の検査で、肝臓の影がなんと消失しており、おかげでFOLFIRI+アービタックスはやめて、
>かなり減量のIRIS(イリノテカン+TS-1)に変更してもらえました。
>もちろん副作用はありますが、前者に比べると雲泥の差です。
>それとアスピリンのことは私も主治医に聞こうと思っていたので、ありがとうございました。

さすがに最近の抗癌剤はよく効きますね!
私もこのまま順調に行けば、FOLFOXやめて弱い抗がん剤に移れるかも。
お互い順調に推移するとよいですね!
gombu | URL | 2011/09/07/Wed 20:36 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。