癌パパ イクメン日和 緑茶・カテキンの効能と実践計画
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
緑茶・カテキンの効能と実践計画

『がんに効く生活』に緑茶の効能をさんざん謳ってあったため
(特に日本の緑茶がいいらしい)
自分でも調べて実践してみました。

特に緑茶研究は、日本のほうが進んでいるはずですしね。
論文も日本語だろうし(笑)

『がんに効く生活』の中での緑茶の効能の要約としては、
・カテキンの中のEGCGが、癌の浸潤と血管新生を阻害する役割を持つ
・がん細胞のアポトーシス(自死)を促進する
・大豆と組み合わせるとその効果が高まるらしい
・放射線の治療効果を高める
・一日二、三杯でも効果はあるらしい
・日本茶のほうが中国のものよりカテキンが多い

<浸潤について>
緑茶を二、三杯飲むと、血中にEGEGが満ち、やがて人体を取り巻く毛細血管を通して体の隅々にまで送られ、人体を構成するあらゆる細胞に行き渡る。各細胞の表面には、がん細胞など異質な細胞が組織内へ侵入していくのを許可するスイッチ(受容体)があるのだが、EGEGは各細胞の表面に取りついて、そのスイッチをふさいでしまう。

<血管新生について>
EGCGはまた、新たな血管の形成を許可する受容体もふさぐことができる。受容体はもはや、がん細胞が炎症性因子を介して送ってくる命令に応えることが出来ず、隣接組織へ侵入していくことも、腫瘍の成長に必要な血管を形成することもできなくなる。

引用論分数6、科学的かつ平易な解説で、我々庶民でも十分納得できる内容でした。

がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」
(2009/02)
ダヴィド・S. シュレベール

商品詳細を見る


科学技術情報発信・流通総合システム
↑独立行政法人 科学技術振興機構が運営している論文検索システムです
検索語に”緑茶”、”癌”と入れると、わらわらわらわら38個も出てきます。
タイムリーなのが↓
http://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/46/11/745/_pdf/-char/ja/
緑茶1杯10杯
(↓ページでの換算からカテキン 1.5g)
http://www.oralstudio.net/stepup/column/col002_007.php
で、

前立腺がん 30.0% ⇒ 3.3%
全般がん発生 3~7年遅らせる
大腸ポリープの再発を下げる

と出ています。

他の論文でも、白血病、口腔扁平上皮癌、等いろいろ書いてあります。


海外癌情報リファレンス

緑茶エキスに結腸直腸腺腫を低下させる可能性

多分、論文は①と同じ出所ですが(面倒なんで追跡しませんが)、
カテキンの1.5g投与で、大腸ポリープの再発を 31%⇒15%に低下との事

緑茶抽出物に再発性の結腸直腸腺腫の発生率を低下させる可能性があると日本の研究者から報告された。本研究の詳細は、Cancer Epidemiology, Biomarkers and Prevention誌の2008年11月号に掲載された。[1]

実証研究では、茶や茶ポリフェノール、茶フラボノイドに抗癌作用があることが示された。緑茶消費量と結腸大腸癌のリスク低下の関連性を示した試験もある。[2]しかし、全ての疫学的研究が、そのような関連性を示しているわけではない。[3]

本試験では、大腸ポリープを切除し、1年後にポリープ陰性だった136人で緑茶エキス対プラセボを評価した。2回目の大腸内視鏡検査時にポリープが検出されなかった患者は、緑茶エキス1.5g/日を12ヶ月服用する群(緑茶エキス摂取群)と何も服用しない群(対象群)に無作為に割り付けられた。1年後の大腸内視鏡検査でのポリープ発生率は、対象群が31%、緑茶エキス摂取群が15%であった。さらに、再発したポリープの大きさは、対象群よりも緑茶エキス摂取群の方が小さかったと著者らは報告している。


大腸がん以外にも↓いろいろあります。

緑茶成分は慢性リンパ性白血病患者の大半に対して癌抑制効果を示す


日本補完代替医療学会
こちらも”茶”で検索すると、いろいろ出てきました。

再発予防はありませんでしたが、抗炎症効果を発見。
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/3/2/53/_pdf/-char/ja/

癌の成長機構として、『がんに効く生活』に、

1. 癌が、炎症性因子サイトカインを異常発生させる

2. 主要増大と周辺血管新生を誘発

3. 癌を攻撃しない”不活性”免疫細胞を呼び寄せさらに炎症拡大

CRPの高い炎症体質の人が癌の進行が早い、と言っていますが、
(なんと、主治医も今日認めていました!)、

緑茶で抗炎症効果があるということは、癌にもいいんでしょう。
論文内にアレルギーを促進するサイトカインを抑制するとの文面も見られました。

なお、この学会、米国統合医療ノートでおなじみの安西英雄さんも投稿してました。
信用置けますね。

正式な学会ながら、
他にも、アガリクスとか菌糸体とかいろいろ出てきました(笑)。
ガンビジネスの人はここら辺を根拠にしているのですね~。
針小棒大に言っているかもしれませんが、、、。


「健康食品」の安全性・有効性情報
同じく”茶”と入れて検索を掛けると、下記ページが出てきます。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail491.html

・膀胱がん、食道がん、膵臓がんの予防に緑茶の経口摂取で有効性が示唆されている。緑茶の飲用がある種のがん(膀胱がん、食道がん、膵臓がん)リスクを低減させるという報告がある(PMID:9795966)(PMID:8294212)(PMID:3834338)。また、乳がん再発のリスクも低減するという報告がある(PMID:11369139)
・日本のコホート研究で、10杯/日以上の緑茶飲用で、肺、肝臓、大腸、胃がんのリスクが軽減(PMID:9388788)(PMID:11237198)、5杯/日以上の緑茶飲用で女性の胃がんのリスクが軽減するという報告(PMID:15286468)がある。九州での比較対照研究で、10杯/日以上の緑茶飲用で胃がんのリスクが軽減するという報告がある(PMID:3143695)

、、、、
いろいろありますが、おおむね予防には効果ありとの報告が多い。

再発予防も単なる予防の延長にある、とまた希望的な言葉を
『がんに効く生活』で読みましたので、
単なる予防のレポートも参考にすることにしましょう。

東北大学医学部免疫学教室
ここは、補完代替医療をいろいろ研究しているみたいです。
緑茶を飲む頻度が高いほど肝がんの罹患リスクが低い

他にも山ほど記述があります、コホート研究という大規模臨床試験で
我々庶民でも分かりやすい文章ですので、一度見てみてください。


①~⑤から、これだけ裏づけあれば、
もう飲むっきゃないでしょう!

大腸ポリープ(腺癌)の再発は、1.5gのカテキンで半分程度防げる!
というわけで、粉末緑茶に含まれるカテキン量から、
一日粉末10g取れば、1.5gのカテキンを摂取できそうなので、
毎日10g粉末緑茶を飲むことにしました。

また、
http://www.oralstudio.net/stepup/column/col002_007.php
に、
・急須で蒸す時間は 1分より10分のほうがカテキンが多い
・抗がん作用が特に高いEGCGは時間経過とともに変化して少なくなる

とあるので、お茶を飲まれる方は苦くなるまで急須に留めて、
湯のみに入れたらすぐ飲んだほうがよいみたいですね。


緑茶とっている時点でカフェインを摂取しているので、
星野式ゲルソンすらも逸脱しているんですが、
大豆、ナッツ類、の例に漏れず、
明らかに効果が証明されているのだし、まぁいいかと思ってます。

最近ちょっと、食事療法に対する考え方の幅を広げています。
FOLFOXやりながらの厳格なゲルソンは、
先々週抗癌剤後の回復過程でお腹がすきすぎて
「あぁ~、たまには魚食べないと身が持たん」
と魚食べてしまいましたし、
シャルロッテ・ゲルソンですら「危険ですからやめてください」と言ってますので。

塩と動物性油脂は堅持しようと思いますが。

しかし、だいたい、点滴にどっぷり生理食塩水入っているので、守るのすでに無理ですね(笑)。


なお、
補助化学療法として使用している最新の抗癌剤FOLFOXでも、
補助化学療法としては10%しか効き目がない、
(再発率が抗癌剤をやらない人30%に比べて20%になる)
従来から有るUFT + LVでは7%くらいとの事ですが、

シュレベールが再三再四、食事、香辛料、適度な運動、瞑想、等
いろんな癌戦略を科学的に根拠の有る論文を多数引用して挙げて、
各々の抗癌剤の寄与率と同等くらいの効果ある、と言っていますが、
今やっている抗癌剤の効き目が数%~10%となると、
言っていることも論文上の値だけでなく臨床(数万人)レベルでも本当かも、と思いました。

調査に使っている、日本の補完代替医療の文献でも、
アメリカのように再発予防の臨床調査結果はほとんどないようなんですが、
予防としては、緑茶や禁酒や適度な運動が、数%~数十%効果あるという事で、
シュレベールの文章を好意的に訳して(笑)、
予防=再発予防と無理やりイコールにすれば、一致しますね。

途中から取り留めなくなってしまいましたが、カテキン調査と実践計画でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

抹茶
1日で飲める量に限界を感じて、抹茶粉末を購入、優雅に朝お茶をたて、飲むことにしました(*^_^*)
FOLFOX一回目2日目、ちょっと胸焼け、ちょっとての痺れはありますが、序の口なんでしょ(^_^;)
本当にためになるブログありがとうございましたm(_ _)m
金魚 | URL | 2014/05/13/Tue 10:22 [編集]
Re: 抹茶
> 1日で飲める量に限界を感じて、抹茶粉末を購入、優雅に朝お茶をたて、飲むことにしました(*^_^*)
> FOLFOX一回目2日目、ちょっと胸焼け、ちょっとての痺れはありますが、序の口なんでしょ(^_^;)
> 本当にためになるブログありがとうございましたm(_ _)m

抹茶だとまとめて摂れてよいですね。
食茶とかもいいのかな?

私の場合、副作用は4日目くらいがピークでした。
3日目までデカドロンを飲んでいたからかもしれません。

無理やり運動して副作用払いしてましたが(笑)、
人それぞれやり過ごし方あると思いますので、
見つけてみてくださいね。

それではお大事に~。
gombu | URL | 2014/05/13/Tue 12:26 [編集]
お茶プレッソ
最近、日本茶ブームらしいですね。
でも、普通に抹茶買う方が良いな~

今の施設は1クール目は、点滴で急性期嘔気が抑制出来ない人にしか
内服は出さない方針のようです。
え~って思いましたが、質問したら今大丈夫なら処方しないと
そこそこ気持悪いけどな。。。今日は3日目です。
施設によって、慢性期嘔気の抑制には方針が違うみたい
仕方無いですね。。。とにかくさっき針を抜きスッキリしました。
正直言うとテープかぶれの予防の軟膏とか、貼り替え用のテープとか
色々欲しいです。
高齢の方とかシャワーも我慢なんでしょうか?辛いですね。
金魚 | URL | 2014/05/14/Wed 14:26 [編集]
Re: お茶プレッソ
> 最近、日本茶ブームらしいですね。
> でも、普通に抹茶買う方が良いな~
>
> 今の施設は1クール目は、点滴で急性期嘔気が抑制出来ない人にしか
> 内服は出さない方針のようです。
> え~って思いましたが、質問したら今大丈夫なら処方しないと
> そこそこ気持悪いけどな。。。今日は3日目です。
> 施設によって、慢性期嘔気の抑制には方針が違うみたい
> 仕方無いですね。。。とにかくさっき針を抜きスッキリしました。
> 正直言うとテープかぶれの予防の軟膏とか、貼り替え用のテープとか
> 色々欲しいです。
> 高齢の方とかシャワーも我慢なんでしょうか?辛いですね。

家の病院は吐き気どめ3種類もらってました。
ちょっと大げさに言ってもらってみてはいかがでしょうか?
私は意地でも湯船につかってました、
なんとなく副作用が緩和したような気になってました(笑)

そのうち復調するはずですので、しばしの我慢です。
gombu | URL | 2014/05/14/Wed 21:51 [編集]
抹茶ソイラテ
gombuさん、抹茶の摂取仕方もすごいですね~
せいぜい抹茶ソイラテくらいしか続かなそう・・・
今日5日目でだいぶ楽になりました。
人参ジュースのかすで、おから人参ケーキ作成中です
田舎にはゲルソンパン屋さんはなさそうだな~

入浴の件も素晴らしい、私さっと半身浴風+シャンプーしました。
針のところにドレープも無いので心配で。
しかも、昨日終了時に生理食塩水注入が無いと思ったら
ウチの病院ではそのまま抜いていただいてます・・と言われ???
2回目はちゃんと聞こう・・ポートの説明書には注入するって書いているので。
金魚 | URL | 2014/05/16/Fri 21:16 [編集]
Re: 抹茶ソイラテ
> 入浴の件も素晴らしい、私さっと半身浴風+シャンプーしました。
> 針のところにドレープも無いので心配で。
> しかも、昨日終了時に生理食塩水注入が無いと思ったら
> ウチの病院ではそのまま抜いていただいてます・・と言われ???
> 2回目はちゃんと聞こう・・ポートの説明書には注入するって書いているので。

え、ちょっと手抜きなのかも?
そういう表現が妥当なのか分かりませんが、、、
最後に入れないと詰まるとかなんとか聞いてましたけど。
gombu | URL | 2014/05/16/Fri 21:24 [編集]
手抜きというか・・
gombuさん、ポートの生食フラッシュは手抜きというか、機械の添付文書に記載があるので(していれば安全保証・・つまりしないで詰まれば副作用被害報告対象にもならない)、結構重大な話です。。
元看護師なので、丸わかりでちょっと怒マークな金魚でした。。

さて、大量の療法を整理されるとか・・羨ましいな~
まだ、どれを続けられるかも混迷中です。。。
ちなみにヤクルトですが、今整腸剤服用されていますか?
ヤクルト社のビオラクチス散というのを処方してもらう方が
ヤクルト飲むより安いかな?
ウチの処方を渋る先生は、これだけは勧めておりました。
調べると飲むヤクルト1本は、種類にもよるが、ビオラクチス散1g分に相当するらしく、一日3g処方ですが薬価は1g6.2円でした。
金魚 | URL | 2014/05/19/Mon 14:12 [編集]
Re: 手抜きというか・・
> gombuさん、ポートの生食フラッシュは手抜きというか、機械の添付文書に記載があるので(していれば安全保証・・つまりしないで詰まれば副作用被害報告対象にもならない)、結構重大な話です。。
> 元看護師なので、丸わかりでちょっと怒マークな金魚でした。。

医療ミスですね?
そんな病院もあるんですね~。

> ヤクルト社のビオラクチス散というのを処方してもらう方が
> ヤクルト飲むより安いかな?
> ウチの処方を渋る先生は、これだけは勧めておりました。
> 調べると飲むヤクルト1本は、種類にもよるが、ビオラクチス散1g分に相当するらしく、一日3g処方ですが薬価は1g6.2円でした。

そうでしたか(笑)。
なんとなくLT400の方が効果高そうでしたけど(笑)。
gombu | URL | 2014/05/20/Tue 12:23 [編集]
ヤクルト400LT
ヤクルト400LTは、食事療法中の癒しになりますので、同じ会社の処方薬にするかは微妙です(*^_^*)

ポート…ミスでなく、善意のつもりなのが怖いです・°°・(>_<)・°°・
金魚 | URL | 2014/05/20/Tue 21:12 [編集]
Re: ヤクルト400LT
> ヤクルト400LTは、食事療法中の癒しになりますので、同じ会社の処方薬にするかは微妙です(*^_^*)
>
> ポート…ミスでなく、善意のつもりなのが怖いです・°°・(>_<)・°°・

え、善意だったんですか(笑)
神経質な私は、5-FUが少しでも身体に触れそうになるだけで、
カリカリしてましたが、、、。

プラシーボ効果の方が高そうですので、
ヤクルト試してみては(笑)?

gombu | URL | 2014/05/20/Tue 22:42 [編集]
Re: ヤクルト400LT
gombu さん

私も結構神経質&半端に知識があるので、ドキドキです。
看護師さんが、点滴のつなぎ目を床に落としたり・・
そもそも、善意といっても今回は勘違いな押しつけで
「患者が自宅でフラッシュすると不潔にして感染するかもしれない
それくらいなら2週間で詰まりやしないから、フラッシュせず抜かせよう」
と考えているとがん専門看護師さんが言ってました。。。。
しかし、ポート内に血液逆流や薬剤の結晶化で不純物が残ると
通常使用でも感染源となり得ます。
ポートは感染5%閉塞1%程度ですが、そんな説明もなし、
適性使用していないと副作用救済制度の対象外になることも知らないのではと感じました。

実は、ヤクルト400LTと薬両方飲んでいるのですが、
母がくれるヤクルト、糖分制限中は美味しいです(*^_^*)
金魚 | URL | 2014/05/21/Wed 10:58 [編集]
Re: Re: ヤクルト400LT
確かに、家は一時期嫁がフラッシュしていましたが、
怖くて途中から病院にわざわざ行って、
やってもらうようにしました(笑)。

ちょっとした心配りの差ですかね。
gombu | URL | 2014/05/21/Wed 13:12 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。