癌パパ イクメン日和 坐禅会 5 正法眼蔵 生死の巻
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
坐禅会 5 正法眼蔵 生死の巻
最近、息子に
「パパ、癌なんだに」
としきりに念を押されます。
何でも隠し事のない家族?にしたかったのですが、
ちょっと開けっ広げすぎですか、
幼稚園で同じフレーズで言いふらしてないか心配です(笑)。


さて、恒例の坐禅会、
今日からいよいよ本題の?正法眼蔵 生死の巻の解説に突入!
死ぬまでに 生きて極めたい道元禅師の極意

今日あった禅語としては、

自帰依仏
当願共衆生
体解大道
発無上意

(ごく簡単な約)
私はただただ、仏(尽十方世界の真実)に帰依し、衆生と共に真如を体得したいです。

臨済宗の御本尊回向文(決まり文句)
、、、
集まる所の功徳は○○の真如実際に回向し、
無上の仏果菩提を荘厳し奉る。
付して願わくば上四恩に報い下三有を助け、
法界の群生と同じく種智を円にせんことを
、、、
に似てますね、禅宗だけに基本は同じなのでしょう。

その解説の中で、
真如を体解(体得?)するには、

聞法も重要な1ファクターながら、
頭のみで考えていてはだめで(体解、体得ではなく理解している事にしかならない)、
自分の生命”いのち”そのものをもって、
只管打座し納得するしかない、
のだとか。

知行合一、理論と実践ですね。

これからは、癌がどーたら、治療法がどーたら、
もし死んだら残された子供がどうだ、
とか渦巻かせるのはやめて、
何も考えず、ぼけっと坐禅していましょう
(和尚さんに怒られますか、笑)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。