癌パパ イクメン日和 座禅会 2
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
座禅会 2
恒例になりました可睡斎の座禅会、
今日は家族も連れ立って、

門前町のだんご&アイスクリーム屋さんも行ってきました。
(もちろん写真は撮り忘れました(笑))
結構、人気のスポットみたいで、カップル多数いました。

子供たちがおいしそうにアイスクリームとお団子を食べている横で、
一人、ニンニクくさい 洋風野菜丼弁当?をほおばる、、、。

「うぉ~、おいしいもん食わせろ~!!」、とそのうち発狂するかもしれません(笑)。

いえ、こんな身体になったのも身から出た錆、嫁さんには感謝していますが。

弁当をお店の中で食べてもいいという当たり、門前町らしいのどかさを感じさせます。
ニンニクくさくてすみません、アリシンに、抗がん作用、白血球増加作用がありまして、、、。
(実はニンニクもドレッシングに入れると、酢の作用?かほとんど匂わないみたいです)

↓かき混ぜ前
yasaidonbentou.jpg
焼き物: ニンニク、ズッキーニ、まいたけ、たまねぎ、大根、
生: トマト、ベビーリーフ
ごはん: 玄米、のり、すりゴマ
ドレッシング: たまねぎドレッシング

↓かき混ぜ後
yasaidonbentou_2.jpg
ズッキーニは、野菜料理全般に合います、ゲルソンの中でも推奨しておりました。



さて、曹洞禅の肝要とは、
『目に映るものにも、耳に聞こえる音にも、匂う香りにも、また心に浮かぶおもいにも、
映りっ放し、聞き入れっ放し、匂いっ放し、そしておもいっ放しにしておき、
それらのいっさいに引っ張られず、追い求めず、相手にしない』
事だそうです。(只管打座という概念)

臨済禅とは微妙に違っている感じです、深く追求はしませんが。

1時間も座禅をしていると、日ごろ渦巻いている、
切っても切っても生えてくる癌細胞のような、ヘドロのような、
子孫や自身の生死への執着だとか、怨憎会苦だとか、
(憎い人間に会う苦しみの事です、私の場合、
癌の原因になるような月120時間残業のひどい労働を科した、
前上司を思い描き憎むような感情、ちょっと切実過ぎですね(苦笑))
いった思考形態は根元から浄化され、

半分瞑想のような、執着しようのない不思議な考え方が脳裏を移ろいます。

終わって半日もすれば、また元通りですが(笑)。

毎日継続すれば、それはそれは精神衛生上よさそうで、
免疫力も向上するはずだし、毎週座禅会は参加しようと思います。

しかし、座禅をしていたら、
場所もわきまえず、禅堂の外で子供がギャーギャーギャーギャー、ゴジラのようでした(笑)。
ひんしゅくこの上ない、自分の子供だといつばれるか、ひやひやして座禅に集中できませんでした(笑)。
厳しく躾けないといかん、、、。



さて、法話のほうは、
今日はたまたま住職(いちばん偉い人)が説教してくださいました。
半分世間話でしたが、それでも、

◇今生かされている自分に感謝する
  大地震を引き合いに出し、明日も、数年後も生きる、と思うのは実は誤りで、
 いつ突然、災害等に見舞われ死ぬかも分からない、
 自分は生かされているのだ、と認識し日々の生活に感謝することが重要だとか。

◇足るを知る
  同じく大地震を引き合いに出し、電気のある暮らしに満足せず、停電したらすぐ文句を言う、
 昔の殿様(織田信長や天皇)よりも便利な極楽のような暮らしをしているのに、
 これ以上何を望むのか、ある程度の便利さでも十分足りている事を認識しなさいとの事。

◇随流去
  自分で生きる道を切り開いている、と思うのは大きな間違いで、
 実際はいろいろな縁(十二因縁)に随って流れるように生きている自分を自覚しなさい、
 その方がうろたえず楽に生きて行けるとの事。

等、安らかに生きていくうえでの、重要な心得をいろいろ教えていただきました。
肝に銘じます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。