癌パパ イクメン日和 この1ヶ月の聞き込み・調査結果
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
この1ヶ月の聞き込み・調査結果

この1ヶ月、若年大腸癌など周りにいなくて、
状況把握に相当あわてふためきましたが、
ようやく落ち着いてきました。

これまでの、聞き込み結果や調査から、こんな事を考え、また推察できると思います。


①大腸がんステージⅢくらいでは、そんなに死なない。
 
 一応5年生存率60%程度ですが、あくまで5年前からの生存の結果、
 自然死、衰弱死で5%くらい入っているんでは、ないでしょうか?

 再発率は全体で30%、抗癌剤やる人もやらない人も含めての数字とか、
 がん患者に優しい数字です(笑)。

 仮に転移しても、5年前の結果で生存率40~50%ということで、
 FOLFOX+アバスチンも2007年出たばかりで、結構治る人も散見するので、
 今後もっと向上するのでは?
 
 私は、父が胃がんで死んだ事もあって、
 癌になったときは、20年前の考え方 ”癌=死” でいたのですが、
 同様な症状の皆さんに励ましのメッセージをもらったり、周りに聞いたりすると、
 そうではないみたいですね。

②FOLFOXは安全
 
 うろんげな代替療法系のセールスみたいな人は、たいてい”強い抗癌剤 = 死”みたいに言って来て、
 最初に代替療法の検討から入った自分としては、少々たじろぎましたが、
 同じくFOLFOXを受けた現役看護師さんのアドバイスを聞いたり、
 http://ameblo.jp/http-keiko-ns-ameblo4001/
 ↑のようなブログ読んだり(これも婦長さんのブログ、三大療法について信頼して取り組んで完治してます)、
 安心して使える事が分かりました。

③禅的精神で取り組もう

 半年後、1年後の自分を心配して、悲嘆にくれていても仕方ありません。
 ”明日は明日の風が吹く”
 とか、禅の ”いまここを生きよ” 的に考えたほうが、よさそうです。

④ゲルソン療法やっぱり重要

 あくまで独断ですが、ブログを見ていて完治する人には綿密な食事療法を取る人がおおいですね。
 己の生活習慣を深く反省する意味でも、今後も厳格につづけようと思います。

⑤実際の治療費
 
 当初は、療養費も相当高額で、新築したてでスカンピンの私は、
 徐々に車を売ったり、家財を売ったり、を迫られるか、と戦々恐々としていましたが、
 日本の国民皆保険制度はすごい!

 一般的所得の人は最初の3回だけ82,000円+α(12日間入院手術でも20,000円程)で、
 4ヶ月目以降からは44,000円+α。

 更に会社の社会保険制度が充実していて、私の場合、毎月上限 40,000円でよいらしい。
 Max年間 480,000円で、これくらいなら今のところなんでもありません。
 
 日本人でよかった、、、。


と、ここまで書いて、自分が転移したら洒落になりませんが(笑)、
前向き思考も免疫力向上に不可欠、変なこと考えないようにしよ~。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。