癌パパ イクメン日和 疑問・珍問・大解説
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
疑問・珍問・大解説
先週月曜日の病理検査発表以降、
不安で不安でしかたないので、今日飛び込みで浜医に行って、
抗癌剤の内容やら病状やら相談してきました。

本やらネットやらのみで知識を仕入れると、
結構偏っていて、この一週間はそれで一人合点して、
スパイラル落ち込み状態(笑)だったのですが、
少し不安が解消されました。

Ⅲa、Ⅲbで同じような認識の方がいたら、下を見て考えを改めてください。
Ⅳで少し気になる記述もありますが、Ⅲの方に私と同様の誤解があればそれを解くために、
敢えて載せました、ご斟酌ください。
私の思い込み医師の見解
5年生存率が額面どおり受け取ると低く不安である5年生存率は、5年前の施術の結果なので、今の施術では当然向上してくる、
 またたいてい海外(アメリカ)の値だが、アメリカの手術や病理検査は結構荒っぽく、日本ではしっかり検査してステージⅢ判定になるものも、ステージⅡ判定にしていることもしばしば、手術のミスや、病理検査で軽く見たがために、亡くなってしまう人等もあり、一般的に日本のほうが数値は高めとなる
ステージ4の5年生存率は13%、もし転移したらその時点で13%になる?あくまで最初に発見された場合についての数字、
手術後の再発は、小さいうちに発見できることもあり、
対策が打ちやすく40~50%である
血液検査 CA19-9(基準は0~37)が術前7で術後19、悪化しているが再発の兆候?CA19-9は炎症で数値が上がるため、術後にあがることはままある
ly3、v2は実際、
相当やばいのか
ly3、v2という数値よりは、リンパへの転移を重く見たほうがよい、実際ステージⅢbの場合、その程度の数値なることはよくある
代替療法推進派はたいてい、抗癌剤⇒免疫力低下⇒再発、という図式だが、、、。担当医師も抗癌剤がベストとは思っていないものの、今のところ、抗癌剤効果に勝る臨床結果のあるものがみつからないため、抗癌剤を使用している。2週間1回の血液検査もあり、特に補助化学療法では、そこまで免疫力低下するような処方はしない
代替療法推進派はたいてい、抗癌剤⇒骨髄能力再生不能⇒再発、という図式だが、、、。お年寄りで、何年もフルドープで使用しているとそのような場合もあるが、まだ若いしまったく問題ない
FOLFOX6ではグレード3以上の好中球減少が53%も発生するが、、、、あくまでフルドープでの話。補助療法では、そこまで下がるような処方の仕方はしない、ごくまれに、薬の相性が悪く、擬似白血病様な症状が出ることがあり、注意が必要だが、定期血液検査でフォローしているので、まず問題はない
粘液癌はいろんなところ(精巣、腹膜)に転移しやすい高分化、中分化よりは、組織との親和性が高く転移しやすく、
再発後たちが悪い(がっくり)ものの、
精巣は聞いた事がないし、腹膜は開腹して一目で分かるような大きな腫瘍のときのみ発生するので、心配する必要はないと思われる
粘液癌は抗癌剤が効かない!?抗癌剤が効き難いと言われているが、効かない訳ではない、未分化や分泌細胞癌等は本当に効き辛いが、それとは違う、処方は高分化等と同じでよいはず
XEOXならポートもいらず副作用も少ないと聞いているが、、、XELOXの保険適用は結腸がんの補助化学療法のときのみ、直腸がんは対象外、XELOXもオキサリプラチンを腕静脈で点滴すると、腕に神経症状が発生しやすいため、うちでは標準でポートを使っている
悪性の高い癌だがアバスチン使わなくて大丈夫か補助化学療法としてアバスチン(アービタックスも)は意味がないと、最近研究報告があった
いろいろ悪い要因があるが、治癒するの?今、転移していないのだし、これからの結果だ、当然治癒前提ですすめる
(と医師に励まされました、治癒%は立場上口を濁してましたが(笑))
FOLFOXでは休職は必須?補助化学療法は患者のQOLにも重きをおくため、量を調整して処方するため、そのようなことはまずない。90%くらいの患者が働きながら点滴を受けている、
 また、社会に出ることも重要、家に居ずっぱりで考え込んでいると、却って免疫を落とすことにもなりかねない(見事に見透かされてましたね(笑))

私の1時間半にも及ぶねちねち質問にも(笑)、
怒らず、冷静に、分かりやすく、懇切丁寧に、
総じて紳士的に回答していただきました。
セカンドオピニオンの医師はぞんざいで放言が多く、大ショックをうけましたが
(おかげで数日眠りが浅く悪夢を見た)、
主治医には信頼度大幅UP!

1週間上記のような心配事を、
調べては歎き、調べては歎き、していましたが、
ブログの趣旨とは正反対にちょっと後ろ向き過ぎますね、、、。

「癌も切除したんだし、リンパも1箇所だけだし、
今はまだ臓器転移もなくて、これからでしょ。
再発すれば、小さいうちに切れば、そんな酷いことにならないって。」

と、嫁にも諭されます。
果たして寛解まで持ってければいいのですが もっていきます!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/05/10/Tue 05:26 [編集]
Re: タイトルなし
なるほど、アドバイス心に響きます。
自分の死はまだいいのですが、特にもし死ぬと、
残した家族が不憫でおろおろしてしまう次第です。

ちなみに大腸癌ステージⅢの場合は、再発率5年で30%ですけどね。
抗癌剤使わず放っていても転移しない人も結構います。

一年目50%というのは、他の癌のことだと思いますけど。

多少不利な要素はありますが、勝ち抜きます!
gombu | URL | 2011/05/10/Tue 12:28 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。