癌パパ イクメン日和 2012年04月
	
	
	
	
				



ハードワークで大腸がん罹患⇒期せずしてスローライフを手に入れた癌パパの、脳天気三人衆との毎日を描きます。
      


                         ↓姉妹ブログ 最近無農薬有機野菜作りに凝っています(笑)。
                         150坪有機無農薬菜園 悪戦苦闘日記

page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
映画 『象の背中』
120331-1.jpg
何にでも興味津津でしゅにぇ~。
最近よく歩くので引き出し落としまくり(笑)。


4月16日の再発宣告、最悪余命宣告まで先読みして(笑)、
癌映画三昧中です(笑)。

何でも、先読み、即断即決が持ち味なのです。
後先は考えませんが(笑)。

今日は『象の背中』
※以降ネタバラシ若干ありますので、今後真剣に観たいな~と思う方は、読み飛ばしてください。
象の背中 スペシャル・エディション [DVD]象の背中 スペシャル・エディション [DVD]
(2008/03/19)
役所広司、今井美樹 他

商品詳細を見る


肺がんで余命半年を宣告された、
建設会社部長の役所広司が、
円満家庭との絆を最期まで確かめつつ、
うまくやっていた不倫相手とも仲良くお別れをし、
すべてうまく立ち回り臨終を、、、

といったお話。

感想: 「く、くさい。」(笑)

だ、だれの作った映画やら、、、と、思ったら原作 秋元康でした(笑)。
ギトギトで大衆受けするコンセプトを振りかざし利ザヤをかせぐって、
人の考え方って終始変わらないものなんですね~。

うちの会社もガラパゴスみたいな事ばかりやってないで、
外部からこういったタイプの人でも呼んで知恵を出してもらえば、
復活できそうなのに、と、思ったり。

他の癌映画並みの半泣き出来るぐらいの感動を期待していましたが、
期待にそぐいませんでした。

でも、他の人生のモデルケースを追体験する、
と言った意味では、参考になり、ある種の覚悟が出来ました。

さぁ来い、CT検査結果!
スポンサーサイト
page top
お花見 獅子ヶ鼻公園
今日は、うちでのんびり日曜大工の構想を練ろうと思っていたら、
妻が、豊岡村に『獅子ヶ鼻公園』なるお花見の名所があって、
有名なパワースポットでもあるから行こう、との事。
別に今更パワースポットにすがる訳でもありませんが、
せっかくのお花見の良い機会行ってみました。

120401-1.jpg
おぉ、桜だ!
例年、花見となれば、名酒 『真澄』か『酔鯨』の一升瓶片手に、
ブルーシートに寝っ転がり泥酔している日常でしたが(笑)
もう、そんな事できないのね~、、、
再来年くらいに再起を目指すぞ!!

120401-2.jpg
ましゃくんお花見デビュー

120401-3.jpg
お花見が終わると、獅子ヶ鼻公園の名前の由来、
写真中央のあんな高いところ(標高200m)にある
獅子の横顔の形をした岩まで登ると言い出し、、、

ましゃくんを抱っこして
一時間も山歩きするハメに、、、、
何が楽しくて貧血の癌患者が
亀仙人の修行のような真似せにゃならんのだ(笑)。

120401-4.jpg
獅子ヶ鼻の岩まで来ました。

120401-5.jpg
獅子ヶ鼻の岩よりみた豊岡の眺望
子供と一緒だと、危ないし、落ち着いて眺望を満喫できませんね。

120401-6.jpg
今度は、山頂付近にアスレチックを見つけ、
やるやる言い出し、またもやましゃくんを抱っこし歩かされる、、、(笑)。

120401-7.jpg
帰りに、『癌が治りますように』とお稲荷さんに願掛けを、、、
「あ、石落ちた。」(龍樹)
、、、、

という日曜日でした。
家族でお花見できる日常に感謝、でしょうか(笑)。
腰、いたたたた(笑)。



page top
ブログ開設 1周年
120403-1.jpg
離乳食おいしいでちゅね~。

120403-2.jpg
離乳食はかぼちゃです。


今日でブログ開設1周年です。

現時点でカウンター 129,015
1ヶ月10,000ものアクセスです。
こんな拙いブログに毎度のご訪問ありがとうございました。

さて、このブログの当初の目的
 ・がん治療情報の収集と交換
 ・癌友との交流、コミュニティの形成
 ・遺言
は達成できていると思います。

癌ブログとなるとどうしても深刻に捉えがちなのですし、
(その人の考え方によりますが、私がネチネチ治療情報探していると、どうしてもそうなる、笑)
この先たとえ死が待っていようと、
最期まで癌のことは忘れ楽しく過ごしたいですよね。

と言うわけで、今後の経過いかんに関わらず趣旨変えをしようかな~。

今流行りの『イクメン』とか(笑)?

日本ブログ村 パパの子育て

http://baby.blogmura.com/papababy/

大腸がんパパのイクメン日記?
コンセプトが破綻してます(笑)。

妻: 「全然イクメンじゃないじゃん。」

そ、そうですか、、、
page top
職場 健康診断&体力測定
先日、誕生月に実施される会社健康診断がありました。

がん関連では、
・胸部レントゲン 異常なし
・赤血球、肝臓数値 B判定
くらいでした。

2011/4月 手術
2011/5~12月 FOLFOX 12回
2012/1月~ ゼローダ 4回

で、さぞ身体がガタガタになっているだろう、
と思いきや、

<健康診断> (判定)
・体重 76.8 ⇒ 70.8
・腹囲 91.3 (B) ⇒ 84.5 (A)
・体脂肪率 25.4 (B) ⇒ 19.4 (A)
・悪玉コレステロール 127 (B) ⇒ 84 (A)
・白血球 4500~5300 (A) ⇒ 4700 (A)
※抗癌剤で白血球減った減ったと驚愕していましたが、
私は元々白血球少なめのようです。
・血糖 94 (A) ⇒ 84 (A)
・尿酸 7.9 (B) ⇒ 6.4 (A)

<体力測定>
・全身持久力 38.7 ⇒ 39.4 『優れている』判定
・前屈 22.5 ⇒ 19.1
・垂直跳び 42 ⇒ 49
・腹筋 18 ⇒ 19
・閉眼片足 98 ⇒ 116

と、軒並み向上(笑)。

中でも、長年注意信号だった、
悪玉コレステロールと尿酸値が一気に下がる。
自転車通勤と食事療法の効果です。
癌にも効くといいんですが、、、いや、効いているに違いない!

抗癌剤 ⇒ 免疫力・体力の低下 ⇒ 死
の癌ビジネス表看板は(笑)、
30代にはあてはまらないのかもしれませんね。

最悪、再発してもまだまだ戦えます!
page top
今期の業務計画
120406-1.jpg
最近、自転車通勤がてら船越公園の桜並木でみちくさ、
あと何年見れるかな~。

120406-2.jpg
9:00頃、ぼんやり川辺のコンクリートに腰掛けて桜を眺めています。
端から見ると、どう見てもリストラされて途方にくれているアラフォー(笑)
『救いの電話』に電話されなきゃいいですが、、、(笑)



遅ればせながら今期の業務計画を策定する時期に。
先日の腫瘍マーカーのこともあり、
どう計画立てしたらよいか戸惑い上司に相談したところ、

「え、そんな状況なの?
まぁ、そうなっても、仕事の内容が変わるわけではないし、
再発したらしたで、業務減らしたり調整するから、
とりあえず順調に行ったとして立ててみて。」

との事。

さ、さすが『悟り系上司
俯瞰しているし、癌という病気にも左右されず淡々と指示。
皆と波長が合わず、よく批判されるのですが、

今の自分とは一部の狂いもなくシンクロ(笑)
助かるな~。

と言うわけで、
半ばやけくそに(笑)
 天津 5回
 インドネシア 2回の
海外出張 7回の計画を立てました(笑)。

案外何もなくて、計画のまま行けそうだな~、
と思った方、
↓クリックを!ぜひ!!
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村


page top
静岡市 日本平動物園
おぉ、先日のブログからの日本ブログ村ポイントを換算すると、
CT検査何でもなくて、
順調に海外出張三昧を送る!
と思ってくださる方35名(笑)!

35名の皆様のためにも、無事パスしようと思います!?
順調だったら、速攻『イクメン』⇒『海外生活』ブログに方針変更か?(笑)
妻の怨嗟の声が聞こえてきそうです(笑)。



さて、趣向を変えて、イクメンパパと家族で作るブログ路線で?記事更新。

和華:「和華も記事がんばります。」
龍樹:「終業式楽しかったよ。」(全然意味わかってない、笑)

と、子供たちもやる気です(笑)。

今日は、静岡の日本平動物園に行って来ました。

120408-1.jpg
日本平動物園は一面桜満開、お花見日和でした。
『真澄』が飲めないのが口惜しいですね~(笑)。

120408-2.jpg
入り口
龍は、虎、ライオン系が好きらしい。
和華は、ふれあい広場系

和華: 「和華と龍ちゃん同じ服着たよ。」
龍: 「僕ちゃん楽しいよ~。」
だそうです。

120408-3.jpg
クロヒョウ
和華: 「黄色いクロヒョウと黒いクロヒョウが一緒にいたけど、喧嘩してなかった。」

120408-4.jpg
ペリカン池
和華: 「日本では絶滅しているトキがいた。」

120408-5.jpg
ゴンドラ、なお、帰りは標高差100mくらい?の滑り台ですが、
事故防止で子供を足の間に入れて、滑ってくる必要があって、
滑り台につかえるやら、太もも吊りそうやらで、さんざん。
小さい子供とはやらないほうが無難です。
和華: 「登る時、急ですごく怖かった。」
龍樹: 「僕ちゃん、だいせいこう~!」(意味不明)

120408-6.jpg
ふれあい広場、ヒヨコ。
和華: 「ヒヨコの足がチクチクしてた。」
龍樹: 「ヒヨコ、カワイコチャ~ン!」(バカっぷりが分かって良いですね、笑)

120408-9.jpg
一方のましゃしゃは、ずーっと寝てました(笑)。

子供と過ごしていると、
癌のこと忘れますし、
幸福感で免疫力アップしていると思われるし、
運動になるし、
いい事づくめですね。
3人も子供がいてよかったな~、、、。

イクメンブログで自己満足、じゃなくて完治を目指すか(笑)。
page top
宮本笑里 千の風になって
今日もスローライフで、お花見しながら自転車通勤。

120409-1.jpg
川辺で鴨のつがいや散りゆく桜を見ながら、
これから待ち受ける運命を思い、
一人涙し、、、じゃなくて、ぼんやりしていたら、

凄まじくも偶然に、
携帯のミュージックプレイヤーから宮本笑里という
バイオリン奏者の出しているrenaissanceというCDの曲
『千の風になって』のバイオリン アレンジバージョンが流れてくる。

renaissance(初回生産限定盤)(DVD付)renaissance(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/03/07)
宮本笑里

商品詳細を見る

、、、私のお墓の前で泣かないでください
そこにわたしはいません、死んでなんかいません、、、

し、死んだ事になっちゃいましたか、、、

あ、あまりにハマり過ぎてて宮本笑里さんに一方ならぬ縁を感じたました(笑)。
い、いえ、演奏されている曲ももちろん素晴らしかったですよ(笑)。

だいたい、
アラフォーのおばちゃんはイケメンの新任小学校教師を見つけては枯れかけな歓声を上げているのに、
おじちゃんが、綺麗な音楽家に心惹かれちゃいかんのか、、、不公平だ!(超内輪)

ちなみにその後の『cure』という曲も、曲名通りすばらしく癒されました。
CD買おうかな~。
page top
にんじんジュース と ゼローダ
今日は磐田方面出勤(もちろん自転車で)のため、
磐田っ原でお花見(笑)。

スローライフ、バンザイ!!

(磐田って、ジュビロ磐田の本拠地ですよ、念のため。)

120410-2.jpg
桜は散り際が美しいですね~。

120410-1.jpg
桜吹雪の美しさに感動して半泣き状態で一人佇む37歳癌患者(笑)。
今年の桜はひときわ美しく感じます。

鳥越俊太郎が著書『がん患者』の中で、
「癌になると、自分の死を意識するため、桜やらもみじやら自然の一節一節をとりわけ美しく感じる。」
とか言ってましたが、まさにその通す。

がん患者がん患者
(2011/06/29)
鳥越 俊太郎

商品詳細を見る


どうでもいいけど、お花見しているとどんどん就業時間が少なくなってお給料減っていきますね(笑)。
フレックスだから遅刻にはならないけど、、、。



さて、最近ようやくゼローダ(4クール目)の副作用で手指の皮膚が再生されず
関節部が剥け気味で、動かすと痛くなってきた。

私:  「指が痛くてにんじんジュース作れないんだけど、、、」
妻:  「手袋してやれば?」
そ、そういう問題でしょうか、、、

龍: 「パパ、お酒ばっか飲んだから悪いじゃん。」
和華: 「そうだに、怒ってばかりいるから、悪いだに。」
、、、、、

パパの味方は、ましゃくんだけね(笑)。
120410-3.jpg

page top
清く正しく美しく、、、
龍樹のばぁばへの手紙

120411-1.jpg

『いつも泊まらせてくれてありがとう。
ずうっと忘れないよ。』

いつの間にこんな事考えるようになったんでしょうか。
おばあちゃんがいずれは死ぬということを5歳ながらに認識しているんですね~、、、

私には、『癌になったのはパパが悪い』ばかりで、
そんな事言ってくれたこと一度もないぞ(笑)。

育児本読んで試行錯誤したり、
情操教育に取り組んだりする様な、
積極的な子育てをしていない割には、
正しい心持ちに育ってくれてっているみたい。

安心しました。

でも、友達に絶交の手紙書くのは止めてね(笑)。
page top
散り逝く桜
昨夜の豪雨から明けて、真っ青な空に散り逝く桜。
120412-1.jpg

散り逝く命あれば、芽吹く命あり。
120412-2.jpg

願わくば、こんな静かで穏やかな心境で死に往きたいものです。
page top
『癌トーク』 しょうがないじゃん
ブログ開設から1年経過し、
最近、お陰様で同病の方やその家族の方から、
励ましやらアドバイスやら質問やらいろいろいただいて、心強いです。

日頃のご訪問ありがとうございます。

さて、とある患者の方は、
抗癌剤副作用が強くて、食事療法一時中断しているとか。

私の抗癌剤時の生活状況を家族と思い返していたら、
(今もゼローダ服用中ですが、副作用ほとんど無きに等しいので)

私:「あれ、俺FOLFOXの時、どんなだっけ?
   食事は結構普通だったよね~。」
妻:「食事はもりもり摂ってたよ。」
和華:「でも、ずーと、寝てた。」

私:「そうか~、パパ、5月からまたそうなるかもしれんだに。」
龍樹:「そうなっても、しょうがないじゃん。

そ、そうですね、まさしく、治療のためには仕方ありませんね。

さすがに龍樹菩薩(インドのえらいお坊さん)の生まれ変わり(笑)、
真を突くこと言いますね~。

あまりのストレートぶりに、ナーバスさが吹き飛ぶと同時に笑ってしまいました(笑)。


昨日子供関係の記事を整理していたら(ヒマ人)、
当然ましゃくんの記事が一番多いと思ったら、予想に反して、
 和華 2件
 龍樹 9件
 正宗 4件

と、龍樹がダントツ。
話題性豊富な?(笑) 子やね。
page top
心療内科受診
120414-1.jpg
必殺!カヤコ歩き(笑)
まだ、右足は硬直したままのハイハイです。


『心療内科受診』
と言っても、再発の恐怖でどうかなったわけではなく、
会社の福利厚生制度で、
勤務時間中に1時間くらい
心療内科の産業医に人生相談できるので(笑)、
試しに利用してみました。

「再発の可能性がありCT検査受けたんですけど、
再発した場合の心構えについて、どのようにしたらよいか、
何か専門家の立場からいいアドバイスありませんか?」

と、聞いた所、言われたのが、

1. キューブラ・ロス「死ぬ瞬間」を読んでみては?
死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
(2001/01)
エリザベス キューブラー・ロス

商品詳細を見る

実際に癌で死ぬことになる精神科医が、死の受容の仕方について書いているとか。
ホスピスという概念を医療に導入する先駆者になった人だとか。
早速、読んでみよう。


2. カフェインを全てやめる
私の性格が、神経質でせっかちだと言ったら、
コーヒーやら緑茶やらが神経過敏になって悪要因に働くので一切止めなさいと。

この性格は生来のものなので、どうしようも無いと思うんですけどね~。


3. 医師と良い関係を築きなさい
癌は長い病気なので、異動が多い大学病院は適さないんじゃないか?
もしやむを得ないとしても、医師とはよい関係を築いていた方が、安心して治療に取り組めます、と。

お生憎様です、良好すぎて、今度麻雀誘おうかな~と思うくらいです(笑)。


宗教家的な心構え等の助言はあまりありませんでしたが、
(『いまここ』的な考え方は、禅的思考どうこう以前に
人が生きる上での物事の捉え方として、重要とは言ってました。)
実際的なアドバイスに、心療内科ってこんな感じなのね~、と目から鱗。

でその先生、
浜松地区で癌患者の精神ケアを国から助成金を受けて専門に研究してたこともあるとかで、
他にもいろいろ、

・胃癌、大腸癌なんて死ぬ病気じゃないでしょう。(実際、統計的には死ぬけどね)
・癌は慢性病だから、心筋梗塞みたいにすぐ死ぬわけじゃないし、どこにでもある病気だよ。
・あぁ、あそこで開業している腫瘍内科は良くないよ、セカンドオピニオンは止めておいたら?

とか、安心できるような情報を、いろいろ吹きこんでくれました(笑)。
これから月一来てみてはどうか? と今後の受診を薦めてもくれ、
これから始まるかもしれない長い闘病生活の一つの支えが出来、
充実した診療となりました。
page top
最後の晩餐 BBQ&青空麻雀
120415-0.jpg
大山桜?
ソメイヨシノは散ってもまだまだ楽しめますね~。


今日は、明日のCT検査結果報告前の
最後の晩餐とばかり職場のBBQに参加
120415-1.jpg
赤電にのってBBQ会場最寄りの駅へ
龍は和華とのNINTENDO Wiiコントローラ争奪戦に敗れ、
非常に機嫌悪かったですが、
ルービックキューブ一発でごきげんに(笑)。

120415-2.jpg
会場へ足を運ぶ

120415-3.jpg
職場の主に東北出身者が集まり、芋煮会です。
東北地方では野端で芋煮しながら合コンとかあるみたいですね。

120415-4.jpg
鯛めし、大ぶりの鯛を一尾まるごと炊く。
ホントは白米NGですが、たまにはいいかと鯛めしいただきました。

明日再発判定だったら、
FOLFIRI+アービタックスとかになると持久戦になりそうなので、
身体に悪くない程度に体力維持を図りたく、、、
まぁ、実際には昨年手術+FOLFOX12回でも体力増進してましたがね。
一時休職してマラソンランナーにでもなろうか(笑)。

私の身体を気遣って塩は入れないでおいてくれたよう、
大抵こういう会では、一人玄米おにぎりを貪っているのですが(苦笑)、
主催者が気を使ってくれました、感謝。

120415-5.jpg
ヤゲンナンコツの揚げ物、こちらも炙り焼きを別に作ってもらいました。

120415-6.jpg
いつの間にやら子供たちがイスを占拠(笑)

120415-7.jpg
相変わらず、眠りこけるましゃしゃ。
龍樹:「ましゃくんかわいいよ~」だそうです。

ちなみに写真撮りそびれましたが、青空麻雀もやりました。
小三元も知らないようなド素人の新人君に3人のおじさんがコテンパンに、
明日の検査結果報告が思いやられる(笑)。
page top
再発疑いCT検査 無事でした!!
先回ゼローダ4回目通院で、

私: 「うわ、腫瘍マーカーが今までで一番上がってる!」
主治医: 「さ、再発疑いで、CT検査お願いします、出来うる最短期間で!!」
      「え、無理!? そ、そこを何とか!!!」

とか、火曜サスペンス劇場張りの緊迫感だったので(笑)、

もう、覚悟を決めてまして、
サイコロの目になぞらえて

1. 腹膜播種で余命1、2年
2. もともと怪しかった大動脈付近リンパが腫れてきて、あまりに広範囲で切除不能
3. 肝多発転移で手術不能
4. 肝転移、手術可能
5. 肺転移、胸腔鏡手術可能
6. ひょっとしたら何でもない(あの緊迫感からして、それはないな~)

とか、おどろおどろしい選択肢を考えて、
4か5止まりにして欲しいな~と思いつつ、通院。
(何が来ても、平常心で受け止めるぞ!)

~結果~
主治医: 「腫瘍マーカー下がったよ。」
私: 「C、CTは!?」
主治医: 「あー、何もなかったよ(平然)。」

と、入院中に読みたい本を買いあさってもいたのにも関わらず、
肩透かしを食らいました(笑)。

綺麗なオネイさん看護師との再開はお預けとなりそうです(笑)。

妻が先回の判定で落胆して事故ったのもあって、今回は診察に連れてこなかった旨話したら、
主治医: 「gombuさんが、あー、もうだめだーとか、
     奥さん脅したんじゃないの?gombuさんが悪い。」
とか、言われ
(なら、火曜サスペンスやるなよな~、、、)
とか思いましたが、まぁ、何はともあれよかった!!

後顧の憂いを絶ち、来月から天津出張三昧です!
『イクメンブログ』 ⇒ 『海外生活ブログ』に早速変更しようかな~(笑)。
ま、あと何回出張いけるのやら、先は全然分かりませんが、
仕事を満喫しようと思います。

ゼローダも先回の4回で終了。
元々、こちらの希望で抗癌剤継続していて、
最長6回(抗癌剤開始後1年経過)までやるつもりでしたが、
FOLFOX後ゼローダの再発予防エビデンスなんて無いし、
最後の1、2回やめた所で、せいぜい再発をちょっと伸ばすくらいの効果かもねと、
医師も言うので、すっぱり止めました。

なお、今日で手術から丁度1年経過、
1年CT検査もついでにクリアと言うことで、
今回の診察はいいことずくめでした。

いや~、よかった、よかった。

↓血液検査 白血球やられてます~
120416_maker.jpg

↓腫瘍マーカー 
FOLFOX 4回目、 ゼローダ 4回目 共、山があります?
医師も原因不明とか、、、今回の下がり方は結構極端だな?
120416_graph.jpg



page top
『幸福論』
110825_san.jpg
何がうれしいのか、皆いつも笑ってます。良いことだ。


『本当の幸せは、目に映らずに、案外そばにあって気づかずにいたんですが、、、』
椎名林檎の歌詞じゃありませんが、

私は今、豊かな家庭、素直で思いやりのある子供たち、献身的な(笑)妻、
やりがいのある仕事、すぐに麻雀に集まってくれる職場仲間(笑)、
周りの皆様の恩にも恵まれ、
癌患者として生きている今も、幸せなんだと思います。

盆や正月もなく、120時間残業や一人ツーシフト的なハードワークに忙殺されていた頃は、
産業マシーンのようにスピーディーに正確にのみを心掛けて、
日常生活すらもそれに影響され機械的になってしまっていたのですが、

癌になって生死やいままでの人生を振り返るようになってからようやく気が付きました。
心持ちを変えるだけで簡単に手が届きそうなこんな普遍的な大切な事も、
環境が変わらないと、気が付かなくなってしまうものなんですね。

この心持ちを忘れてしまわないうちに、壊れないうちに書き記しておきました。
page top
がんナビ 大腸がん関連記事抜粋
今日の一枚
ルンバ君と戯れるましゃしゃ(笑)

120418-1.jpg
あれ、なんだこれ?
動くし音出るし、、、UFO?

120418-2.jpg
いじってみよう。

せっかくのシャッターチャンス、携帯なので綺麗に撮れませんね~。
曲がりなりにも?イクメンブログを標榜しているわけですから、
やっぱり、1年経過祝いに携帯デジカメ買おうかな~、、、


珍しく大腸がんの三大療法で新しい施術情報が載ってました。

大体、癌発見時にまず切らずいろいろやって完治を目指そう!
みたいな私にうってつけな情報でした。

進行直腸癌に対する術前補助化学放射線療法の治療効果が予後と関連する可能性【外科学会2012】
初発でも手術前に化学療法をやったほうが予後がいいらしい、、、。
私のケースでは、開けてビックリ ly3粘液癌の玉手箱(笑)、
だったため、適応外ですが、
明らかにこれはヤバイという癌ならやったほうが無難ですね。

高度進行初発大腸癌では原発巣を切除せずに化学療法を導入することも選択肢に【外科学会2012】
↑同様


術後FOLFOX施行のステージIV大腸癌でCD133高発現はPFS不良【外科学会2012】

がん幹細胞の腫瘍マーカー開発中だそうです。
技術の進歩はすごいですね~。


好中球/リンパ球比は大腸癌根治切除例の予後予測因子として有用【外科学会2012】



大腸癌肝転移に術前補助化学療法としてmFOLFOXとベバシズマブの併用が有効な可能性【外科学会2012】

再発後もやはり手術前に補助化学療法が有効、
そう、先月、今月とこのことばかり考えてました(笑)。
手術前に抗癌剤やって、細かいの散らしたらどーお?みたいな。

3年後には完治する病気になってるといいな~、、、。
page top
癌患者の切実な悪夢(笑)
120419-1.jpg
自転車通勤途中、、、
磐田っ原の桜も見納めですね~、、、。
また来年も感動させてください。

私: 「なんで、70万円も黙ってリフォームするんだよ~、、、
   お金無いんだよぉぉぉ~(涙)」 (超切実、笑)
バタッ!

妻: 「あ、倒れた。」
玄米屋のご主人: 「あ、ホンマや。」

麻雀で700円負けた日の夢です。

麻雀で負けると、精神的ダメージ 1,000倍になるみたいですね(笑)。
麻雀やめようかな~(笑)。
page top
龍樹に送る歌
最近、通勤がてらよく龍樹を幼稚園へ送りに行きます。
車中の一節

私: 「たっちゃんが大人になったら、一緒にお酒飲みたいね~。」
龍: 「だって、パパ、癌じゃん。

、、、そ、そうなんですけどね。

まだ、龍樹には父親の心情は伝わらないみたいで、、、当然か。

河島英五の『野風増』

パパにもし何かあったら、たまに思い出してね。

120416-2.jpg
page top
術後経過1年記念 北陸回転寿司 かいおう (文学調)
更新すれども、更新すれども、
我がブログランキング順位楽にならざり、じっと手を見る、、、(石川啄木、笑)

1年無事に経過後、
凄まじい勢いで転落中のブログランキングですが、
(クリックしろよ! 笑)
そろそろ日常生活に戻れとの思し召しやもしれませんな~(笑)、、、


さて、術後1年経過して無事だったので、お約束の?快気祝い!

くら寿司か?
スシローか?

と迷いましたが、
妻が、イトーヨーカ堂のとなりに、最近北陸の回転寿司屋が進出して来たから行ってみたい。
との事で、行って参りました。

北陸回転寿司かいおう

そういえば、NHKのドキュメンタリーで北陸回転寿司の質の高さが取りざたされていたような?

120421-1.jpg
コーンずくし?
龍: 「終業式楽しかったよ~!」

120421-2.jpg
龍: 「なんで玉子に漢字書いてあるの?」

120421-3.jpg
あぁ、1年振りの生ビール、感無量
以前なら飲むからには酔わないと気が済まない、あわよくば潰れるまで、
という性格だったので、5杯は飲んでましたが、
2杯で我慢しておきました、、、。

龍: 「ビールの先っぽまっしろ~!」

120421-4.jpg
アイスクリームとメロンソーダ、
明らかに公害チックな色ですね(笑)。

120421-6.jpg
キッズスペース
龍: 「高いよ~!」

120421-5.jpg
帰ってご機嫌のましゃくん。
龍: 「ましゃくん、遊んでる~!」
(龍が、ブログ書く書くと言って聴かない、笑)

和華の感想としては、
和華: 「お寿司がすぐに来なかった。」
     「お皿が入れれなかった。」
     (くら寿司はお皿を自動で回収して、5枚たまるとガチャガチャも出来るようになっている)
     「くら寿司かスシローがいい。」
と散々でしたが、
大人としてはネタは一枚上かな?
と感じました。

次回は、半年後焼肉かな~。



よく見れば ナズナ花咲く 垣根かな 芭蕉

幸福は細心に生活していれば、わりとそばに転がってます。
page top
書籍 『がんになったら肉を食べなさい』
『がんになったら肉を食べなさい』
読んでみました。

栄養学的アプローチを駆使して、癌との共生を図る治療を取り入れている
新宿溝口クリニック
の溝口徹医師が書いた本です。

がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)がんになったら肉を食べなさい (PHPサイエンス・ワールド新書)
(2011/07/16)
溝口 徹

商品詳細を見る


内容としては一般的な代替療法を総括したようなもので、

ビタミンCとかサプリ系は↓の焼きまわし
ガンは栄養療法で治るガンは栄養療法で治る
(1996/11)
パトリック クイリン

商品詳細を見る


食事系(ω3脂肪酸を豊富に摂る)は↓の抜粋
がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」
(2009/02)
ダヴィド・S. シュレベール

商品詳細を見る


免疫系(NK細胞活性化)系は↓の抜粋
ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! (ビタミン文庫)ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明! (ビタミン文庫)
(2002/05)
安保 徹

商品詳細を見る


みたいな感じで、
あぁ、そんなん穴が空くほど読んだよ(笑)、的でしたが、
一点体力負けしないために肉を食べろというのが目新しい。

栄養学的に癌細胞が語られてあって、
・がんはブドウ糖が好き
・がんは貧血が好き
・コレステロールが低いとがんが増える
等解説されていて、

切除困難になったとしても、
余命と直接的に関わるのは体重と血液中蛋白質(アルブミン)の量なので、
それを維持するべく積極的に蛋白質を取れば、
長期の共生が可能とか、書いてありました。

◯炎症系の記事はあまりなく、
赤身の肉が炎症を誘発する事は書いてない

◯蛋白質摂ったからといって、
転移してブワーッと広がっていく癌を抑えれる
とはまかり間違っても書いていない

等、疑問点も多かったですが、
栄養学の観点から癌を語った本ってあまりないので、参考になりました。

これからの長期的な体力づくりのため、
塩分少ない種類の魚は積極的に食べようかな。
page top
書籍 『がんのセルフ・コントロール』
サイモントン療法の解説本
『がんのセルフ・コントロール』
読んでみました。

癌の心理療法家の医師が書いた本です。
この心理療法プログラムがアメリカ国内での癌患者の心理療法プログラムの基礎になっているとか?

がんのセルフ・コントロール―サイモントン療法の理論と実際がんのセルフ・コントロール―サイモントン療法の理論と実際
(1982/09)
カール・サイモントン

商品詳細を見る


でも、主治医も、癌患者を対象とした心療内科の医師も
口をそろえて
「聞いたこと無い。」
とか言っているのを見ると、バッタモン?

ま、知る知らんはともかく、何かの参考にはなろう。

内容は目指せプラシーボで癌退治!?
でしたが(笑)、

いえ、まじめに書くと、
癌になって鬱々と考えると、免疫力が下がって良くないし、
治癒できるイメージを前向きに考え続けると、なぜだか予後もいいから、
系統立てて、理論建ててイメージ療法を取り組んでみましょう。

みたいなイメージ、
え、まじめに書けって?(笑)

<内容>
◯ストレスと癌の関係
◯サイモントン療法を実施して癌が治癒した実例
◯癌になって、実は、特をしている事も多い
(過重労働を免れたり、保険がおりたり、いたわってもらえたりする面で)
◯サイモントン療法の実際
  ・瞑想の仕方
  ・瞑想中に癌を攻撃しているイメージの構築
  ・否定的感情の打ち消し ‥相手を恨む感情の克服
  ・完治イメージを持たせることの出来る「内なる指導者」の活用
◯運動の効用
◯死の恐怖の克服の仕方
◯家族の援助について
といった感じです。

<死の恐怖の克服の仕方>については、
瞑想して
『自分が宇宙の中心と一体化しており、生命とは死と再生の繰り返しで、
死ぬといって恐怖に感じることはない、と任じる』
イメージを構築する事だとか。
え、禅と輪廻転生ですか、アメリカ人なのに仏教のパクリ?(笑)

<イメージトレーニング>については、
瞑想中に癌細胞と白血球や抗癌剤の戦いのイメージを、
漫画絵で描けるようなメタファーチックなもので構築して、
必ず白血球が完勝して、癌細胞が肝臓や腎臓からきれいに排出されるイメージを持つようにと。
癌細胞は本質的には、強固な細胞ではなく、
混乱して弱っている細胞で、白血球が負ける事はないそうです。
癌細胞を強うそうな原色でイメージしては良くないとか、
いろいろアドバイスが書いてありました。

よし!何はなくともイメトレだ!!
という訳で、
白血球 ‥‥ ヤッターマンに出てくるような白いブロドッグのようなロボット or フランキー親分チックなロボット
 (本出版当初はNK細胞という概念がなかったらしい)
癌細胞 ‥‥ 混乱しがちで仲間を呼びやすいホイミスライム
癌幹細胞 ‥‥ キングスライム
ゼローダ ‥‥ 小隕石群
と坐禅中に自動的に設定できたので、

ホイミスライムやキングスライムがロボットや小隕石群に
次々に駆逐されていくイメトレを坐禅時に加える事にしました(笑)。

最初は癌細胞もスライムにしていましたが、
変に瞑想すると、集まってキングスライムになったり、
Lv99になって灼熱の炎を吐いたりするのでやめました(実はドラクエ世代、笑)。

端から見ていると、
いい四十男が書斎にあぐらをかいてドラクエの空想でエヘラエヘラしている、
という気色悪い絵に映りますが(笑)、
先回腫瘍マーカーが激減した事からも効果絶大か(笑)。
page top
映画『おにいちゃんのハナビ』
癌映画評論家のgombuです(笑)。

今日は『おにいちゃんの花火』
ネタ割れご容赦

おにいちゃんのハナビ [DVD]おにいちゃんのハナビ [DVD]
(2011/02/25)
高良健吾、谷村美月 他

商品詳細を見る


ほぉ、実話を元にしていて、白血病の女子高生ですか、、、

癌で死に逝くヒロインランキングNo.1やね(笑)。

住宅ローン支払い半年で
大腸癌が発覚した3人の幼子を持つサラリーマンなんてどうでしょうか?
惨めすぎてお話になりませんね(笑)。

私: 「あ、あの女優 『余命一ヶ月の花嫁』に出てた女優だ。」
妻: 「違うって、それは貫地谷しほり、これは谷村美月!」

さ、最近の女優って、顔全く同じに見えますね、、、おじさん街道一直線(笑)。

と、冗談はさておき、
引きこもりのお兄ちゃんが、死に逝く妹のために一生懸命更生してゆくという、
ありきたりといえばありきたりな展開でしたが、感動しました。
『その日のために』の次くらいによい映画でした。
page top
将軍様
むかし、おらは三河の新所原村に住んでおっただ。
だけんども、そこのお代官様は極悪非道の尾張大名ト○タ様の手下で、
年貢取立てが、”七公三民”できびしいもんで、

身一つで、遠州の掛川村に越してきただ。
というのも、遠州大名のヤ○ハ様は、
太閤様の世みたいに、
今時に無く百姓にやさしいって評判で、年貢も”三公七民”だって言うもんで。

ところがどっこい、掛川村の”将軍様”と異名をとるお代官様は、
もっとひでぇ~お方で、高句麗の悪い殿様よろしく百姓をこき使って、
村の中のおらんところ部落だけ”八公二民”と言うだ。

そん時、おらの爺様、お腹に悪~い瘧が出来て、
死に掛かってて、看病もしなきゃなんねかった。

しかたないもんで、お城までお願いに行って、
「看病もしなきゃなんね~し、とてもとてもそんな年貢収められね~だ、
せめて翌年まで待ってけれ。」
と言おうとしただども、

問答無用でお白州に引き出されて
「ならぬ、即刻用意いたせ、
まだ寝ている間があろうが、
寝ている間に田を耕し用意いたせ、
用意いたさぬと処刑を申しつけるぞ!」
の一点張りで、お城からおっぽりだされただ。

そん時の無理が祟って、おらも悪い瘧できちまっただな~。

結局、爺様看病も出来ずに死んじまって、悪いことしただ、、、
ひょっとしたら瘧は爺様の祟りかもしんね~な~、、、。


                     この話、ピンと来た方は、浜松労働基準監督署へどうぞ
                                  電話番号は 053-456-8148

                                      AC 公共広告機構(笑)
page top
書籍 『うまく使って、うまくかわす! 怖くない抗がん剤』 小倉恒子著
『うまく使って、うまくかわす! 怖くない抗がん剤』
読みました。

十数年、抗がん剤ベースで乳がんと戦っていた耳鼻科医の本です。
昨年亡くなられたようですね。

うまく使って、うまくかわす! 怖くない抗がん剤 (主婦の友パワフルBOOKS)うまく使って、うまくかわす! 怖くない抗がん剤 (主婦の友パワフルBOOKS)
(2009/11/07)
小倉 恒子

商品詳細を見る


主として闘病記録みたいですけど、乳がんの方には非常にためになりそうな内容。

副作用をうまくかわしつつ、癌と共存した、というよりも、
乳がんだから、長年付き合ってこれたんでしょうけど、
そのポジティブシンキングぶりに、勇気づけられました。

内容としては、
・副作用は気の持ち用である程度緩和できる
(サイモントン療法と同じ考え方ですね)
・医師の視点から見た、ドラッグ・ラグ、主治医との付き合い方、腫瘍内科医の重要性
・複数種類の抗癌剤を使用した、経過、闘病記

くらいでした。

しかし、治療中にタキソテールとタキソールを間違えて、
強度の副作用で、間質性肺炎、高血圧、脳梗塞、、、、、

って、全然うまくかわしてないような、、、
故人にツッコミもよろしくないですが、、、
page top
雑誌 『がんサポート 2012年 4月号』
遅ればせながら『がんサポート 2012 4月号』感想

がんサポート 2012年 04月号 [雑誌]がんサポート 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/16)
不明

商品詳細を見る


血液がんと希少がんの特集で、あまり大腸がんに参考になる文面はなかったですが、
一つ
えっ? 癌ビジネスじゃないの、これ?
と思うような記事がありました。


がん治療をサポートするシイタケ、カワラタケの実力

どうも、クレスチンというカワラタケ菌糸体から抽出された成分の抗癌剤が
昔から存在しているそうで、、、
副作用は全くなく、今主流の抗癌剤と併用して、免疫力向上が図れるとか、、、

ちなみに主治医は
「あぁ、全然効かないから、今は使われてないね。」
だそうです。

キノコ菌糸体みたいな、
医師では使えないような自然派インチキ成分を悲愴な癌患者に売りつけボロ儲け(笑)
が、癌ビジネス者の常識だと思ったのですが、
実際は、既に抗癌剤として世に出ていて、
昔はお医者さんが処方していて、
しかも臨床調査で効かないお墨付きまであった!?

って、メビウスの輪のようですが、
癌治療って、いったいどんなんなのか疑問が深まりました(笑)。

<追記>
ましゃバナー

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村

おお、感動的だ!
もっと作ろう、バナーランキングなるものもあるみたいなので、
参加しても良いかもしれない(笑)。
page top
雑誌 『がんサポート 2012年 5月号』
ましゃバナー
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
お昼休みにせっせとバナー作り(笑)
楽しきかな我が人生(笑)。



続いて 『がんサポート 2012年 5月号』

がんサポート 2012年 04月号 [雑誌]がんサポート 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/16)
不明

商品詳細を見る


前立腺がんの特集です。

え、森元首相って前立腺癌だったの!?
就任してすぐ発覚したようです、よく勤務してたな~。
「就任早々にがんが見つかったので、総理の座にながくとどまる気はありませんでした」
って、、、無責任やな~、、、。

そして、日頃愛用しているメラトニンの記事も!

癌になるとショックで不眠になりがちですが、
解消するために、睡眠導入剤がよく使われる、
中でもメラトニンを刺激する薬ならクセにならなくてよいとか。
メラトニンには直接的な抑うつ効果もあるとか。

ガンに効くとは書いてなかったですが、
使っていても少なくとも害はない、と言うことですね。

ちなみに、メラトニンが癌に効くという文献は、
厚生労働省の天下り先?
独立行政法人 国立健康・栄養研究所の
「 健康食品 」の安全性・有効性情報
にも多数掲載されています。

「健康食品」の素材情報データベース メラトニン

三大療法誌にも変な事書いてないし、
何しろよく眠れるし、これからも安心して使えます。

↓御参考までに、私が使っているメラトニンです。
5mgなら1日あたり2、20円、こんなんで癌予防できるんかいな?
はっ、効くと思って飲まないと、効くものも効かなくなるんだっけ、気をつけよう(笑)。

ちなみに癌治療には10~40mgが使われるようです、
私は毎日10mgにしています。

メラトニン高濃度20mg(Nutricology社)(ペリカン・速達便・時間指定不可)

<メラトニン 20mg>
癌血管新生を阻害し安眠を確保する



徳用メラトニン5mg (NOW社) (速達・時間指定不可)


<メラトニン 5mg>
癌血管新生を阻害し安眠を確保する
page top
『相手にされない』
妻: 「パパ~、タッちゃん、また散らかしてばっかりだし、言う事聴かないから怒って。」
私: 「パパ、怒ることに疲れたから、もう怒らないよ。」
妻: 「あ~あ、タッちゃん、パパに相手にされ無くなった~。」
   「どうするよ~、だんだんみんなから相手にされなくなってくだに~。」

龍: 「相手にされてるよ、まだ。」

、、えっ、まだ???

妻: 「誰が相手にしてくれるよ~?」
龍: 「ましゃくん。

龍樹、もはや再起不能か?

↓たつバナー 携帯写真だとちょっと荒いか?
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
page top
『世界中のバカが集まって出来た、、、』
120428-1.jpg
ダイソーで、工作に使うストローを大量に買ってもらって、たった100円で有頂天の龍。

龍: 「全部、僕のなんだゆぇ~!」
   「和華ちゃんには一本もやらねぇんだゆぇ~!」
   (何処で覚えたか、口調が昔のつっぱり連ドラの不良風)

私: 「バカだ。」
妻: 「バカね。」
和華: 「タッちゃんって世界中のバカが集まって出来てるんじゃないの?

一同大爆笑(笑)。

そこらのコメディアンを凌駕する面白さ、
家でくすぶらせておくには惜しい(笑)。
© 癌パパ イクメン日和. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。